札幌の家庭教師を探している子供の画像

札幌の家庭教師の評判や口コミを調査しました!札幌市内、もしくは近郊にお住みの方で家庭教師を考えている方は是非参考にしてほしいと思います。 最近の家庭教師の問題についても取り扱っています。

2017年06月の記事一覧

札幌の今後は赤ちゃんの頃から家庭教師を雇う時代

高い学力を身に付け、勉強が好きになる子に育てるためには幼い頃からの教育が必要であるといわれています。とくに英語教育などの言語の分野では、赤ちゃんの情報の吸収能力は大人よりも遥かに高いと言われています。赤ちゃんが言葉を覚えるのは勉強しようと努力しているわけではありません。普段の生活の中で両親や周囲の人達の会話を聞いて、目から見える映像と照らしあわせて、その現象が合致したときに言葉を覚えていきます。このメカニズムを知っていれば、赤ちゃんの頃から家庭教師を呼ぶとどれほど言語教育に効果的かが分かります。赤ちゃんは当然、言葉をしゃべることはできません。大人ができるような高い理解力もありません。その代わり、まっさらな状態で情報を吸収することができるので、たとえば英語の家庭教師が回りにいるとその言葉を無意識に覚えようとします。
今後、世界はどんどんグローバル化が進み、英語が話せる能力は必須という会社も増えてくるに違いありません。とくに、北海道という地は農業や酪農が盛んで発展途上の多くの国の人がその技術を学ぼうと留学してきます。札幌市で育つ赤ちゃんにとって、自然に英語を覚えることが出来ていたら交流の幅も広くなることでしょう。日本人が英語の勉強に費やす時間は苦手な分、かなり長いといわれています。その時間を、そのまま別の勉強に充てることができるので、多くのメリットがあります。赤ちゃんの頃から家庭教師を雇うといえば、一昔前のスパルタ教育のような厳しいイメージを抱く人もいますが、実際は勉強を強制させるわけではなく、自然に覚えさせるという環境を整えるという意味にもなります。札幌市から将来の日本を背負う有能の人材が出てくるかもしれません。

続きを読む

家庭教師のウイングならスケジュールが決められる

家庭教師のウイングはスケジュールを自由に決めることができるため、それぞれの予定に合わせて利用することができて便利です。クラブ活動などを続けながらでも勉強をすることが可能だから、好きなことを勉強のために諦めてしまう必要がありません。メリハリをつけて学ぶことができるので、何事もベストな状態で取り組みたいと感じているなら家庭教師のウイングを活用しましょう。
家庭教師のウイングは指導経験が豊富な先生が対応してくれるため、自分にピッタリな指導を行ってくれます。親しみやすい先生だから気軽に質問をすることができて、わからない問題をしっかりと確認ができるから安心です。わからないままで放置をしてしまうようなことがないから力が身に付きます。質の高い指導を行ってくれるため、苦手な部分もレベルアップができて安心です。だからどのように勉強を進めればいいのかわからずに過ごしているよりもウイングを活用する方がいいです。
体験レッスンもあるので自分に合った家庭教師かどうかをしっかりと確認をすることができます。初めて家庭教師を利用するから不安に感じている方も無理なく学ぶことができるかをチェックができるためすっきりと不安を解消できます。先生との相性などを確認して続けて活用するかどうかを判断できるからとっても便利です。だから成績アップをしたい無理なく学びたいと感じているならまずは無料レッスンを活用してみましょう。それぞれの目的に合わせて学ぶことができるため、無駄なく学べて力を身に付けられます。ウイングなら周りのことを気にしたりしてため息をついてしまうことがないから、自分のペースを乱すことがなく確実に力を伸ばせて安心できます。

続きを読む

相対評価で勉強が楽しくないという子は家庭教師が合う

相対評価を分かりやすく言えば、全体の中で自分がどの位置にいるのか、ということにあります。学校で定期テストをすれば学年内での順位が出てきますので、自分が学年内のどの程度のレベルなのかを確認することが出来、これが学校内での相対評価になります。しかし勉強が出来る人は順位が高いほど安心できますし、負けん気が強い人であれば次は順位を上げようとモチベーションアップにつながりますが、人は必ずしもそうとは限らず、学校内での相対評価を知ることで勉強が楽しくない、と思う場合もあります。これは学校だけでなく、集団指導をする塾でも同じことが言えます。塾によっては互いを競わせ、モチベーションアップを目指すために塾内での順位を発表している場合も少なくありません。しかしこれがストレスとなり逆にモチベーションが下がる人も中にはいるのです。その場合は家庭教師が合う可能性があります。
家庭教師の場合は自宅でのマンツーマン指導になるため他の人と比べられることがなく、あくまでも自分のペースで理解できなかった部分を指導してもらうことになります。そのため自分の勉強のペースを守ることが出来、学校での試験に臨むことが出来るのです。残念ながら学校での相対評価を避けることは出来ませんが、自分のペースで勉強することを大切にする人は家庭教師での指導が合う場合が多く、結果として学校内での相対評価が上がることで勉強を楽しく思えることにつながります。
家庭教師の場合は5教科全てを教わることは少なく、苦手科目や主要教科である数学や英語が多い傾向にあります。特定の教科を教わり、その部分の理解が深まり成績アップすることで更に他の教科を頑張る、ということはよくあることです。まずはどの様なタイプなのかを理解し、家庭教師が合うのかどうかを判断することも大切です。

続きを読む

札幌の家庭教師で悪口や眠いと言うなどトラブルの場合

札幌では、家庭教師を利用する人も多いです。雪が積もっている真冬には、塾に通うことも大変なので、自宅に呼べる家庭教師は、安心・安全です。家庭教師にはメリットもありますが、デメリットもあります。

家庭教師も人間なので、人の悪口を言うことがあります。逆に、子供が先生の悪口を言うこともあるでしょう。授業中に悪口を言うような先生は、あまり褒められたものではありませんので、注意をして、それでも直らなければ、先生をかえてもらうことも検討しましょう。

子供が先生の悪口を言っているときには、その内容をよく聞いておいたほうがよいです。先生の容姿などをけなしている場合には、子供を注意するべきですが、先生の態度に問題があって、それを子供が訴えているというケースもあるかもしれません。悪口を言っているからといって、すぐに子供をしからずに、まずは話を聞いてあげるようにしましょう。

暖房がきいた部屋で勉強をしていると、眠いと感じることがあるようです。家庭教師を呼ぶのは、主に夕方から夜の時間帯になると思われるので、コーヒーを出すことはよくありません。コーヒーを夜に飲むと、眠れなくなり、生活リズムが壊れてしまい、勉強に悪い影響が出てしまうこともあります。かといって、子供が眠いので、せっかく来てくれた先生を帰すわけにもいきません。どうしても眠いというのなら、時間を短縮してもらうように先生と交渉をするなどしてみましょう。暖房の温度を少しさげて、ちょっと寒いと感じるくらいになると、集中力が増すという意見もあります。

家庭教師というシステムは、子供によっては合わないこともあります。自宅で勉強ができる子供もいますが、塾や図書館などでないと集中できないという子供もいます。子供に合わないと感じたら、塾など、他の手段を検討してみるのがよいでしょう。

続きを読む

家庭教師をするには平等な場面指導が不可欠

受験期間に向けて、大学生の家庭教師を募集している塾も今では少なくありません。夏場から冬にかけて、まさに追い込みが始まります。一生懸命机に向かって勉強している姿を見て教師陣にも力が入ります。
それでは、学生に親身になり勉強のサポートをする家庭教師達にとって一体どんなスキルが必要となるのでしょうか。
そのコツはそれ程難しいことではありません。生徒一人一人を尊重し、平等に扱うことが重要となってきます。勿論、相手は人間です。心のこもった場面指導が生徒のモチベーション向上にも繋がります。例えば、一人を贔屓し何時間も独占している状態は生徒から見てどうでしょう。どうしても信頼の置けない先生というイメージがついてしまいます。逆に、どんなに習熟度が遅くとも一緒になって取り組んでくれる先生というのは重宝される存在となります。一対一で向かい合ってくれる先生に生徒は落ち着くものです。
生徒の中には家に帰りその日の学習内容を親に報告する子もいます。そこで「あの先生は依怙贔屓する」と言われてしまうと親からの信頼も低くなってしまうのも当然と言えます。
何人も担当する学生がいる場合、彼らの習熟度に応じて根気よく対応することが大事です。どの教化を何時間学習したかメモを取り、ファイリングすることでおのずと苦手分野も見えてきます。怖いのは、苦手な分野がわからない事です。ですが苦手分野さえわかってしまえば復習して欲しい箇所も判明してきます。数学が苦手な子もいれば、英語が不得意な子もいます。彼らの苦手意識を取り除き、得意分野としてしまえたら素晴らしい先生だと言えるでしょう。
生徒から愛される先生として、平等な指導を目指したいものですね。

続きを読む

家庭教師のマインドコントロールが生徒の高い能力を!

高校受験や大学受験ともなると、学校や塾だけでは偏差値が思うように上がらないという生徒も少なくはありません。
そんな時に家庭教師の存在がクローズアップされますが、実は家庭教師は良い意味でマインドコントロールによって、生徒の高い潜在能力を引き出し、無理だと思われていた志望校の合格を可能にしてしまうこともあるのです。
家庭教師は大抵の場合、生徒より少し年上の学生だったりするので、すでにその時点で生徒は「合格したら自分もこんな風になれるかも。
」と憧れを抱くことが少なくありません。
そんな人にポジティブなことを言われ続けたら、もう少し頑張ればきっと志望校に受かると受験生が思い込むことは不思議でも何でもありません。
そしてこのポジティブマインドコントロールこそが受験では重要だったりします。
勉強をしていて実力もあるのに、何故か本番になると実力が出せずに残念な結果に終わる生徒は、当日に無駄に緊張しすぎるという問題を抱えている場合がほとんどです。
そんな生徒でも受験の数ヵ月前から、これだけやったのだから絶対に受かるとマインドコントロールをしてしまうのです。
人の気持ちというのは、強くそれを願い絶対に諦めないことで結果を覆してしまうということがしばしば起こります。
受験前のラストスパートではいかに気持ちをポジティブに持ち続けられるかということが、本番の明暗に大きく影響してきます。
受験前の生徒と一番密着しているのは、マンツーマンで勉強を教えている家庭教師です。
ですからこの時期の家庭教師の役割はとても重要です。
是非生徒には本番で持っている実力以上の高い能力が発揮できるよう、ポジティブマインドコントロールをして自信を持たせてあげて欲しいものです。

続きを読む

信州大学の家庭教師に札幌大学レベル?性別の関係は?

塾と比較して、家庭教師から勉強を教えてもらうメリットは、個人レッスンになるので、わからないことなどを直接質問して教えてもらうことができることです。塾の場合でも積極的に講師に質問できる人は良いでしょうが、それを苦手としている人は、個人レッスンのほうがやりやすいことでしょう。また費用の面でも塾のように1教科あたりいくらというような価格設定ではなく、交渉によって決まることが多いのもメリットと言えるでしょう。

しかし、デメリットもあります。それは塾の講師と比べて家庭教師の先生は大学生などが多く、教えるノウハウを持っていないということです。これが大きな問題となります。受験情報についても、予備校のような最新の情報を持っておらず、模擬試験などを行って実力を知ることもできません。また、個室で1対1となるので、先生の性別も重要になってきます。

さらに、家庭教師の学力も気になるところです。たとえば、長野県であれば、家庭教師は信州大学の学生が多くなりますが、生徒は札幌大学のような信州大学よりもレベルが高い大学を受験したいと希望していた場合、家庭教師のレベルを上回る学力が必要となるわけです。これは塾の講師の場合も同じです。

しかし、教えることと、知っていることとは違います。東大生であったとしても、必ずしも教えることに長けているというわけではありません。勉強のやる気を起こさせることが上手いとか、教えるのが上手いということと、自分が知っているということとは別なのです。もちろん、最終的に本人のやる気次第で、それは塾であろうと家庭教師であろうと同じです。本人が真剣に、目標を目指して勉強をする姿勢になれば良い結果が開かれることでしょう。

続きを読む